〒060-0061 北海道札幌市中央区南1条西14丁目291-81
ウィステリア南1条ビル 2F(市電西15丁目駅前)

 皮膚科  アレルギー科 

    小児皮膚科 

お電話でのお問合せ

011-280-1122

診療内容

当院で行っている検査・治療

アレルギー性皮膚疾患

  • アレルギー疾患に対する血液検査、パッチテスト、プリックテストによるアレルゲン検索
  • 全身型紫外線照射装置によるアトピー性皮膚炎などそう痒性疾患に対する治療
  • アトピー性皮膚炎に対する注射(デュピクセント)療法
  • 慢性蕁麻疹に対する注射(ゾレア)療法
  • 乾癬に対する生物製剤注射療法

感染性皮膚疾患

  • 白癬(みずむし)や疥癬など検鏡による診断と治療
  • 帯状疱疹にたいするデルマクイックを用いた診断と治療
  • ざ瘡(にきび)に対する内服・外用療法
  • 疣贅(いぼ)に対する液体窒素療法

腫瘍性皮膚疾患、フットケア

  • 皮膚腫瘍に対する手術療法
  • 爪切りや胼胝(たこ)鶏眼(うおのめ)処置
  • 難治性潰瘍の治療

当院で行っていない治療

機器の関係で下記の治療は現在行っておりません。
今後行う場合はホームページでご案内いたします。
  • 美容診療(レーザー、ケミカルピーリング、注射療法など)
  • 局所紫外線療法(白斑や円形脱毛症など)
  • 局所免疫療法(円形脱毛症にたいするSADBE療法など)
  • ワクチンの接種

以下の診断・治療に重点をおいています

アトピー性皮膚炎治療

アトピー性皮膚炎は乾燥肌の体質が悪化して悪循環を繰り返した結果と考えています。そのため当クリニックではスキンケアと薬物療法を組み合わせてまずは寛解導入するところを目指します。

薬物療法はステロイド外用療法が中心ですが、症状によっては内服療法(シクロスポリン等)、注射療法(デュピルマブ(商品名:デュピクセント))をお勧めすることもあります。

寛解導入後なるべくステロイド外用を減らし、保湿剤を中心として維持を行います。
患者さんとともにスキンケア指導や外用指導に時間をかけて行い、治療の目的とゴールを理解していただくことを重視しています。

詳細はこちらへ

慢性蕁麻疹

慢性蕁麻疹は不快なかゆみと膨疹が続き日常のパフォーマンスを落とす疾患です。そしてその原因の大半が不明であると考えられています。

しかし、原因が不明であっても抗ヒスタミン薬や免疫抑制剤、注射薬のオマリズマブ(商品名:ゾレア)を組み合わせることで多くの患者さんで日常生活に困らない寛解状態にすることは可能です。

当クリニックではこれらの薬剤を用いて寛解状態にすることを目標として治療を行います。抗ヒスタミン薬には効果の強いものや眠気の来ないものなどいろいろ特徴があります。また注射薬にもメリット・デメリットがあります。患者さんのライフスタイルに合わせて最適と思われる薬剤の組み合わせをご提案します。

詳細はこちらへ

アレルギー疾患の診断・精査

アレルギー疾患は原因が不明なものも多いのですが、食物アレルギーや接触皮膚炎、一部の蕁麻疹では原因を特定することで症状を軽減、あるいは予防することができる場合があります。

当クリニックでは患者さんからの問診とさまざまな検査により原因を調べます。負荷試験、内服試験が必要と判断された場合は札幌医科大学皮膚科と連携して入院で調べることもあります。問診が重要ですので時間をかけてお話しを伺います。
そのあとで血液検査やパッチテスト、プリックテストなどを行います。
原因不明の場合でも診断したうえで治療を行います。

詳細はこちらへ

フットケア

フットケアは糖尿病など基礎疾患がある患者さんや高齢のため自分で処置できない患者さんに対し、足に傷を作らない、感染を起こさないようにケアをしていくものです。具体的には水虫の治療やたこ・うおのめの処置、爪切りなどをおこないます。

当クリニックは糖尿病足病変の治療経験が豊富ですので前述の定期的な処置のみならず、潰瘍になった場合も適切な治療を行うことができます。糖尿病など基礎疾患がなくても自分で爪を切ることができないというだけの患者さんでも当クリニックで定期的に処置を行います。また潰瘍についても原因を突き止め治療を行います。

当クリニックでできない検査・治療は連携している札幌医大皮膚科で検査や入院を行っていただくこともあります。

詳細はこちらへ

診療時間

 
午前 ×
午後 × × ×
診療時間
午前  8:30~12:00
(木・土は11:00まで)
午後14:00~18:00
休診日
日曜・祝日

お問合せ

お電話でのお問合せはこちら

011-280-1122

■診療時間
8:30~18:00
■休診日
日曜・祝日